スライダーの使い方

主な機能

デフォルトテンプレートにあるスライドショーをブロック化し、設定画面から画像を変更できるようにしたものです。機能はデフォルトのスライドショーと同じです。

主な機能は以下の通りです。

  • 画像の指定
  • 画像にリンク、altテキストを追加

インストール方法

オーナーズストア->プラグイン->プラグイン一覧ページでAllInOneUIの設定画面を開きます。
(AllInOneUIプラグインのインストール方法はこちら
AllInOneUIの設定画面を開く

プラグインの設定画面でスライダーを選択し、プラグインを作成した後、プラグイン一覧画面で作成したプラグインを有効化してください。(詳細なインストール方法はこちら

設定方法と設定項目

オーナーズストア->プラグイン->プラグイン一覧ページでスライダーの設定リンクをクリックし、設定画面を開いてください。設定画面で画像追加ボタンを押してスライダーの設定画面を表示してください。

  • 画像URL: 表示したい画像のパスを入力してください
  • 画像ALT: 画像のALT属性に追加するテキストを入力してください。
  • リンクURL: 画像に追加するリンクURLを入力してください。

スライダープラグインの設定

画像のパスについて

メニューに画像を使用する場合は画像のパス(html/upload/~)を記入してください。
画像は、html/uploadフォルダにアップロードしてください。

記入例)html/upload/slider/main-slider1.jpg の場合
slider/main-slider1.jpg と記入してください。

デフォルトのスライダーについて

初期状態ではindex.twigにスライドショーが設置されています。
スライダープラグインを使用する場合は、index.twigにあるスライダーを削除してください。

削除するには、コンテンツ管理->ページ管理からトップページの「ページ編集」リンクをクリックし、編集画面を表示してください。

表示されているコードのjavascript(上の枠)部分とblockの(下の枠)部分を削除してください。
スライダープラグインのレイアウト

設置方法

コンテンツ管理->ページ管理でページ一覧から任意のページのレイアウト編集をクリックし、レイアウト編集ページを表示してください。スライダーブロックを任意のエリアに移動させてください。
スライダープラグインのレイアウト

移動が完了したら、登録ボタンを押してレイアウトの変更を完了してください。
問題なければこちらの画像のように表示されます。
スライダープラグインの表示