プラグインのインストール方法

EC-CUBE3.0の準備

ここではEC-CUBE3.0.10を使ったテンプレートのインストールを行います。テンプレートをインストールする前に、あらかじめEC-CUBE3.0.10をサーバーにインストールしておいてください。

プラグイン本体の取り出し

プラグイン本体(AllInOneUI)はダウンロードしていただいたzipファイルの中にあります。
zipファイルを解凍し、プラグイン本体を使用できるようにしてください。
hellocube テンプレート本体の取り出し

プラグイン本体のインストール

まずはプラグインをアップロードします。管理画面メニューのオーナーズストア->プラグイン->プラグイン一覧をクリックしてください。プラグイン一覧画面が表示されたら、独自プラグインのパネルにある「プラグインのアップロードはこちら」ボタンを押してください。
hellocube プラグインのアップロード

プラグインのアップロード画面が表示されたら、「ファイルを選択」ボタンから取り出したプラグイン本体を選択し、アップロードボタンを押してください。
hellocube プラグインのアップロード

アップロードが完了したら、プラグイン一覧画面で、先ほどインストールしたプラグインを有効化してください。
hellocube プラグインの有効化

これでプラグインのインストールは完了です。

プラグインの作成

インストールしたプラグイン本体(AllInOneUI)はプラグインを作成するためのものです。
設定画面から必要なプラグインを選択することで同じプラグインでも複数作成することができます。

プラグインの設定リンクから設定画面を開きます。
hellocube プラグインの作成

プラグインの設定画面で、プラグイン名、プラグインコード、作成するプラグインを選択し、作成ボタンを押してください。
hellocube プラグインの設定

作成が完了したら、オーナーズストア->プラグイン->プラグイン一覧画面に戻り、先ほど作成したプラグインを有効化してください。
hellocube 作成したプラグインの有効化

作成したプラグインは設定項目が用意されているものがあります。
設定画面を開くにはプラグイン一覧画面から、設定リンクをクリックしてください。
hellocube プラグインの設定を開く

ブロックが用意されているプラグインの場合は、デフォルトのブロックと同じように、レイアウト管理画面でブロックの配置を変更することができます。
hellocube プラグインのブロックを配置

プラグインの詳細についてはドキュメントのプラグインの使い方をご覧ください。